FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
Vivy -Fluorite Eye's Song-を4話まで視聴。
 自分は、どちらかというと偏屈でめんどくさがりのため、「人からのオススメ」に対して素直かつすぐに追従することは、非常に稀なのであります。

 唯一の例外は、「何となくその気になったから」。合理的判断も客観的理屈も全くなし。ホントに純粋に「何となく」です。そして、何となくその気になったとしても、実際に触れるまでの「縁」がなければ、何かしら触れることのできない理由が生じて、少なくともその時は触れずに終わります。さようなら、いつか縁が繋がるその日まで…。何と狭き門であることでしょう。いやぁ、もっと貪欲に色々喰らいついていってもいいんでしょうが、残念ながら年々体力も気力も落ちていく一方でしてねぇ。

 さて。

 本日、Web拍手へのコメントで、↑記事タイトルの作品へのオススメをいただきました。私は「何となくその気になって」、その作品がアマプラで見放題になっていることを確認。うーん、どうしよう。今期の作品、これ以上増やして大丈夫なんだろうか?とか何とか自問自答しながら…でも、今回は邪魔が入りませんでした。きっと、「縁」があったのでしょう。第1話の冒頭で、ん?歌モノ?しまった、割と苦手なんだよね、アニメの歌モノは…とか思いはしたものの、その初っ端の印象からあまりにかけ離れたシーンの連続に、程なくググッと引き込まれて…。
[Vivy -Fluorite Eye's Song-を4話まで視聴。]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
SK∞みおわた。
 その後、あまりに頭痛がひどかったりして、6話まで見た状態で放置になっていたSK∞ですが、昨日、意を決して7話から12話まで一気見を敢行しました。

 ……えっ?感想、ですか?そりゃあもう………大傑作じゃねぇですかっ!!!(滝漏れ)

 いや、ね?OPでもそのように描かれているから、「遠いところへ行ってしまいそうになるランガと、そこまで決して行けないリキとの関係性」については、絶対に触れてくるって思ってましたさ!まさに7話からそういう痛々しくも共感性の高いエピソードがハイクオリティで描かれ続け、もう心のあちこちをぶさぶさと刺されまくりながら、これは一体どうやって回収するんだろう、やはりランガのサポート役としての立ち位置を獲得する流れなのかしら…と思って見ておりましたら、何ですかあの10話の回収っぷり!!眩しい!!あまりに眩しいよ!!そして、自分の中でこれまで救われずに来たモノが、どうしようもなく救われてしまうのを実感してしまって、これあもう涙を流すなという方が無理じゃあないですか!!!ああ、Free!の2期の最終話一歩前のあの感動が蘇るよ!!!ありがとう、内海監督、本当にありがとう!!!

 …とかですね、まだ最終話より2つも手前で悶絶しまくってしまったのですがね。
[SK∞みおわた。]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
2021年春のアニメ鑑賞事情
 4月に入って、見るものが色々と入れ替わりました。

 まず、3月までで終了せず継続になっているのが、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」。こないだから始まった後期EDのあまりのスタイリッシュさにズキュウウウウウウウウウンン!!とハートを撃ち抜かれましたわ。延々と各キャラの「表情を見せないカット」で繋いでいって、最後の瞬間にダイの瞳だけをちょっと見せる、あの演出がもう大好物で大好物で。本編の方も相変わらず素晴らしい出来で、毎週楽しみで仕方がありません。

 続いて、3期にして完結編となる「フルーツバスケット The Final」。2期ラストの展開からそのまま始まる「最初からクライマックスだぜ」状態に度肝を抜かれつつ、良い感じで視聴中です。2期の別荘編は個人的に合わなかったのですが、今のところはそういう、自分にとって不穏な気配はないですね。また、このシリーズはOPでかなり高度なことを毎回やってきていて、そこも楽しみの一つですね。今回は実写背景にアニメのキャラクターを溶け込ませていて(こういうジャンル、何か名前付いてませんでしたっけ?)、独特の臨場感が実に心地よいです。

 次、「SSSS.GRIDMAN」と世界観を共有する作品として編まれている「SSSS.DYNAZENON」。こちらは、1話目を見た時は上手く入り込めずやや微妙な感じがあったのですが、回を重ねるごとにどんどん自分の中に入り込んできて、今やすっかりハマっております。SSSS.GRIDMANとの関連を示すようなパーツは、怪獣登場の時の呪文?の一部に「インスタンス」が含まれていることぐらいで、それ以外は今のところ見えないのですが、さてどういう風に展開していくのやら。
[2021年春のアニメ鑑賞事情]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
Final Stroke!!劇場版Free!!
 何かあわただしいな今日は!先ほど嬉しいニュースが飛び込んできました!

 京アニ「Free!」完全新作劇場版“the Final Stroke”前後編で上映!ティザービジュアル&特報映像も

 前後編の二本立てですってよ奥さん!(……奥さん?)

 前編が今年9月!後編が来年4月!なるほど!これは楽しみだ!!!
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
昨夜は小林さんちのメイドラゴンを全話見た。
 正確には「見た」ではなく、「流した」ですが。途中、ちょっと寝落ちしてしまったもんで。

 夜10時を過ぎてから、録画分を焼いたディスクを引っ張り出し、ビールを飲みながら延々とテレビで流しておりました。6話途中から8話途中くらいまで、寝てしまったみたいで記憶が無いんですが、それ以外は全部見ております。ほぼ完全にオリジナルエピソードのみで編まれた第10話~第11話辺りは、今見ると原作者である「クール教信者」さんのテイストがほとんど感じられないように思えますね。GAINAX+J.C.STAFFのカレカノの終盤のオリジナル回の不協和音に比べると全然問題ないレベルくらいまでは溶け込んでいるんですが、あの特有の「平和な中にも感じられる僅かばかりの不穏な要素」みたいなものは皆無で、原作のテイストを研究し尽くしてアニメの出来を昇華させることに定評のある京都アニメーションさんとしては、ちょっと珍しいかも、と思いました。
[昨夜は小林さんちのメイドラゴンを全話見た。]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。